お店について知りたい方へ(お問い合わせの前にお読みください)

 当店はゆばらのかすてらの本家ですが、流通品を出荷していないため、たいへんお問い合わせが多くなっています。

 当店での購入を迷っていらっしゃる方はお電話を頂く前に必ずご確認下さい。

 お電話では予約・発注のみ承ります。お値段などの詳細はお電話ではお伝えできませんのでご了承下さい。

 

ゆばらのかすてらからくせむかしかすてらへ 改名の経緯

 ゆばらのかすてら製造元は本家と暖簾業者がおります。当店は本家であり、一代目伴千明の娘、瓜生倫子のお店です。

 倫子が湯原から設備を持ち帰り久世店を開店し、一代目はかすてら作りを引退しました。材料・製法・仕上げが工夫され、夫・正二が道具を作り生産量が増えました。倫子は印刷会社の仕事もしていたため、価格を抑えながら包装材を一新することができました。

 この商品が勝山おひな祭りで好評を博し、湯原界隈のみで知られていたかすてらが全国で有名となりました。ゆばらのかすてらは久世で作られていると言われるのはこのためです。しっとりさせるため型は小さめで(大きいのは膨らみ過ぎです)見栄えを気にする観光地・設備重視の新しい店舗には置けません。流通品は暖簾業者の商品です。湯原店跡は一代目夫婦没後暖簾業者に引き取られており他人の商売です。当店は一代目の味を守るために商いを行っています。

 以上前置きし改名の理由をご説明します。

一、久世店は元々くせのかすてらとして販売する予定だったが、二代目夫が一代目の商いを尊重し同じ名前にするよう言ったためにゆばらのかすてらという名称を使っていた。

二、ラベルは建築士が機械的に線を引いたものでこのようなカットをすることはありません。文字だけ変えた別商品が余所でも売られていて地域の特徴はありません。

三、暖簾業者の製造に対する考え方が一代目・二代目と異なります。余所で購入されたお客様に「昔と味が違うのでこちらに買いに来た」と言われます。

四、ゆばらのかすてらは一つの味だけです。一代目から添加物を使わずやってきましたが、暖簾業者は製菓用パウダーを混ぜた加工品を作りました。

五、安全上名称が同じだと当店に損害が生じる恐れがあります。

六、二代目夫の早逝に際し倫子に勝山方面の営業に対する圧力・妨害と思われる行為があり、一代目の出術前の病室に暖簾業者が商工会を送り込みのれん代を巡って長時間激しい抗議をするなどトラブルが多発しました。
七、お客様は倫子さんのかすてらが欲しいと言われます。

八、一代目は倫子が一番自分を受け継いでおり、ゆばらのかすてらはなくなってもいいと言い残しました。

以上。
   特に久世の方へ。倫子正二の味、紛れもない久世の名物です。

 

当店のかすてらについて

むかしかすてら(ゆばらのかすてら)

 一代目は戦後に始めた商売で、材料の質が不安定で種類も選べませんでした。有名になったのは二代目が作ったゆばらのかすてらでしたが、二代目の頃になると流通事情が改善され、理想的な材料が選べるようになりました。具体的には水飴のべったりとした香りが良くなり生地が軽くなっています。名称は店舗再開の二年後にむかしかすてらに改名されました。

 ゆばらのかすてらも製造しています。暖簾業者が味の指導を受付けなかったため市場に合わせ昔と同じ等級の低い材料をわざわざ仕入れて作る必要がありご予約頂くのが無難です。食べ応えがある・しっとりしていると勘違いされるお客様がおられますが、生地が重く軽い口溶けの良さがないため、一代目二代目の目指した味とは異なります。一代目は長崎風と東京風の中間を目指していましたが生地の重さが長崎の味から抜け切れていない味です。

本焼きかすかてら

 生地作りから見直した久世店の新しいかすてらで、いろいろな種類がありますが製菓用パウダー、着色剤、産地不明の材料などは一切使用しておりません。旧銀座めざマルシェの7F中四国フロア(かすてらの激戦区)で発売と同時に完売したかすてらです。

一代目二代目のかすてらは味も香りも上品でしたが、このかすてらは材料の特性をそのまま使った濃厚な味です。その分、生地を整えて上品さを出しすっきりさせています。ざらめが残りやすく、このかすてら以降当店では蜜を作る際水道水(防錆塗料や塩素系化合物を含む)を使用しておりません。

 生地がしっかりしており夏季でも崩れません。季節問わずお遣い頂けます。

こしかたかすてら

 ニワトリの餌や水飴の原料の米や麦芽まで遡って国産であることを確認した材料で作ったかすてらです。仕入れが大変なのでご予約が無難です。安心を形にしたかすてらで、どんな方にも美味しく食べて頂け、お見舞いにも最適です。国産も西日本と北海道に限定しています。

戻る